佐賀市の英会話教室・英語スクールは元気ランゲージセンターへ。子供英会話から一般英会話まで対応します。

お気軽にお電話ください
0952-29-2714
24時間対応メールフォームはこちら
空き状況検索バナー
 » Present real condition: “If” vs “When”:条件節「もし〜なら/れば」「〜(の時)は」

Present real condition: “If” vs “When”:条件節「もし〜なら/れば」「〜(の時)は」

2016-08-10

If-vs-whenPresent real condition: “If” vs “When”:条件節「もし〜なら/れば」「〜(の時)は」

 

  • Definition – Present real condition is the structure or form of grammar, we use to talk about what we normally do in real life situations.

意味:条件節現在は文法の形で、現実に起こり得る状況を話す時に使う

 

  • Example
    1. If I finish work early, I usually go to the gym. もし仕事が早く終われば大抵ジムに行きます。
    2. I often go driving when it’s the weekend. 週末は時々ドライブに行きます。

 

  • As noticed, both If and When are used in real conditions.   If も Whenも現実の状況で使う
    • Usages
      1. We use if to suggest that something happens less frequent. Ifは、あまり起きそうもない時に使う。
      2. We use when to suggest something happens regularly. Whenは、定期的に起きる時に使う。
    • Examples
      1. When I get sick, I usually see a doctor 病気の時は大抵は医者にかかります。

                                I regularly get sick(しょっちゅう病気になる)

  1. If I get sick, I usually see a doctor. 病気になれば大抵医者にかかります。

I don’t get sick often.(あまり病気にならない)