佐賀市の英会話教室・英語スクールは元気ランゲージセンターへ。子供英会話から一般英会話まで対応します。

お気軽にお電話ください
0952-29-2714
24時間対応メールフォームはこちら
空き状況検索バナー
 » 今週のイディオム「A fresh pair of eyes」

今週のイディオム「A fresh pair of eyes」

2017-03-18

new-perspective

A fresh pair of eyes

We can ask ourselves how a pair of eyes can be fresh!!  Is it some piece of food to be thought of as fresh?  A little confusing aye!! Fear not for we will explain this idiom

今日のイディオムは、直訳すると「新鮮な目」新鮮というと食べ物を思い浮かべるけど「目」ってどういうこと?ご説明しましょう。

 

Usage: 用法

This idiom is used in situations when another person is needed to come and look at or examine something after others or someone has already looked at it.

このイディオムは、書類や何かを自分以外の他の誰かが見直しをするような状況で使われます。

Another set of eyes(他の目)とも言います。

Let me know if you want another set of eyes.

直訳すると、「他の人の目で見ることが必要だったら言って」となるので、「私が見てあげようか?」の意味になりますね。

 

Examples: 例文

  1. John can’t seem to find a certain shape in an art collage. He has looked over and over but can’t seem to find it. In this case he needs a fresh pair of eyes then maybe that shape can be found.

ジョンはコラージュ写真に合う良いピースをずっと探しているけどなかなか見つからない。こんな時は誰かに(他人の目で)見てもらうと見つかるのではないだろうか。

 

  1. Professor A: I have read this article over and over again but I can’t shake this feeling that I missed something

Professor B:  Give it to me. Let me read for a while, maybe a pair of fresh eyes will put your spirit to ease.

 

教授A: この記事を何回も読んでいるのだけどどうもしっくりこないな。何か見落としているのだろうか。

教授B: ちょっと貸して、私に読ませてください。別の人の目が入るととまた違った視点で見られるかもしれませんよ。